脱毛サロン口コミ人気ランキング第一位はここ!
脱毛クリニック口コミ人気ランキング第一位はここ!
7つの脱毛サロンの全身脱毛料金徹底比較表!
4つのサロン・4つの医療脱毛クリニックのVIO脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・クリニックの両脇脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニック顔脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひじ下脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひざ下脱毛料金徹底比較表!

乾燥肌の人の脱毛は脱毛サロン・クリニックが一番!

ムダ毛を自分で処理をする方法には色々あるのですが、やはり一番簡単で安く処理できる方法となると、剃刀です。
誰もが剃刀での処理経験があるのではないでしょうか。
確かに剃刀での処理は楽だし、お風呂のついでに行えばいいだけなのでそれほど時間もかかりません。
また剃刀自体も安いですから、お金をかけることなくムダ毛処理ができる方法だと思います。

 

肌にダメージを与える剃刀処理

気をつけなくてはいけないのが、剃刀での自己処理はそれなりにリスクが伴うという点です。
きちんと前処理や後処理をして、肌を労ってあげることを忘れてはいけません。
剃刀での処理は、肌に必要な角質までも剃刀で少しずつ削り取っていくのですから、肌にとって必要な潤いまでも保てなくなっていきます。

 

乾燥肌の人は特に注意

元々乾燥肌だった人が剃刀で処理をしていると、どれだけ気をつけて肌ケアをしていても乾燥肌が進行します。
乾燥肌がひどくなっていけば、自分で行う保湿ケアだけではどうにもならなくなってしまうため、カサカサして角質が剥がれ落ちてきたり、痒みが出るようにもなります。

 

エステサロン・美容クリニックが一番安心

剃刀での自己処理はやはりリスクが高いので、乾燥肌の人はエステサロンや美容皮膚科クリニックで脱毛をするようにしましょう。
やはり自分では面倒で手を抜きがちになってしまう前処理や後処理をきちんとしてもらえます。
そこまで行って初めて完璧な脱毛といえるのです。
それだけではなく、エステサロンやクリニックであればより肌ケアに力をいれてくれて、今までよりキレイなお肌が手に入ると思います。
きちんと肌のケアも同時に行ってくれるサロンというのは、口コミでも話題となっています。
乾燥肌で悩んでいる人はエステサロンでそうした口コミの高いところを選ぶなどして、乾燥で肌トラブルが起きずに脱毛ができる方法を探してみてください。

 

乾燥肌の人は脱毛前後どうケアする?何に気を遣うべき?

とは言え、エステやクリニックの脱毛といえども、やっぱりお肌にはそれなりに負担がかかっていますし、自分でケアする事を怠ってはいけないですよね。
ということで、お手入れを受けた後の乾燥対策についてまとめてみました。

 

脱毛当日~3日後までに気を付けること

脱毛したその日は、どうしても肌は熱を持ってしまいます。
そのため、お手入れした日から少なくとも3日間は特に肌に刺激を与えないことが重要です。
特に、施術当日の夜は安静にしてゆっくり肌を休ませてあげましょう。
お風呂も湯船には入らず、出来ればぬるめのシャワーのほうがいいですね。
なるべくお肌を温めることは控えましょう。
体を洗うときはボディーソープや石鹸をたっぷり泡立てて。
絶対にやってはいけないのが、タオルやスポンジでゴシゴシこすること。
お肌が特に傷つきやすくなっているので、乾燥だけでなく赤みや色素沈着などの肌トラブルの危険性も高まります。
スクラブを使った石鹸類など刺激が強いものを使うのも当面は控えましょう。
お風呂あがりは、施術した箇所にたっぷりと保湿クリームを塗って肌を潤すことも重要です。
ただ、サロン・クリニックによっては施術当日には何もつけないで下さいと言う所もあります。
新しいクリニックに通い出したら、スタッフさんや看護師さん、お医者さんに尋ねてみましょう。
また、体内に熱がこもっているので、水分も積極的に補給するようにしましょう。

 

脱毛後に生えてきたムダ毛が気になった場合はどうすれば良い?

脱毛施術後、コースが完了するまではある程度のムダ毛が生えてきてしまいます。
そんな時は自宅で自己処理をするわけなのですが、その際はカミソリや電気シェーバーで処理するようにしましょう。
毛抜きで抜いてしまうと、次の施術ができなくなってしまうクリニック・サロンが多いので注意をして下さい。
また、このページに記述のあるように、カミソリを使うとどうしても肌に傷がついてそれが乾燥のもととなります。
夏はサラッとしたボディクリーム、秋から冬の乾燥する時期にはオイルやバター状の保湿力の高いものを用意し、しっかりと肌を守ってあげましょう。
お風呂上がりや朝など、乾燥している箇所に化粧水を広げてあげるのも良いケアになりますので、こまめに気にかけてあげる事をおすすめします。

 

摩擦が起こりにくい環境を作ってあげることも大事!

保湿に加えて大切なのが肌を摩擦から守ってあげることです。
特にVラインなどはほおっておくと乾燥だけでなく色素沈着などのトラブルになってしまいます。
締め付けの緩い下着をはくように心掛けたり、化繊の衣服より綿のものを着るなどして摩擦による乾燥も防いであげましょう。