脱毛サロン口コミ人気ランキング第一位はここ!
脱毛クリニック口コミ人気ランキング第一位はここ!
7つの脱毛サロンの全身脱毛料金徹底比較表!
4つのサロン・4つの医療脱毛クリニックのVIO脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・クリニックの両脇脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニック顔脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひじ下脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひざ下脱毛料金徹底比較表!

肌が弱いとカミソリは使えない?原因は?脱毛はサロンがおすすめ!

ムダ毛を自分で処理していると、誰もが一度は肌トラブルを招いた経験があるはずです。
自分で処理をするときには、念入りな保湿が必要となります。
剃刀などで処理をすると乾燥肌を促進させてしまいますので、いつも以上に保湿をしなくてはいけないのです。
でも、それでも歯だトラブルを起こしてしまうぐらい肌が弱い人もいます。

 

自己処理が難しい肌もある

肌の状態にもよりますが、自己処理の基本であるカミソリでの処理も難しい肌の場合は、基本的に自己処理はできないと思っておいたほうがいいでしょう。
毛抜きなども毛穴に直接負担をかけてしまいますし、ワックスや抑毛剤、クリームなどは肌全体に塗ってしばらく放置することになりますから、肌全体を荒れさせる危険性があります。
自分でできるムダ毛処理はないと思ってください。

 

脱毛サロンなら肌も安心

自己処理が無理ならばムダ毛は伸ばしっぱなしか、というと、そういうわけでもありません。
肌に優しくて肌トラブルも起こりにくい、脱毛サロンでの施術なら受けることができるでしょう。

 

プロにお任せするムダ毛処理というと、脱毛サロンではなくて医療機関での脱毛もあります。医療機関のほうが安心なのでは?と思うかもしれませんが、医療機関で行うレーザー脱毛は出力が強いので肌に負担がかかりやすいです。その点脱毛サロンでの処理は出力が弱いので、肌にそれほど負担をかけることなくムダ毛処理ができます。

 

肌トラブルを起こしやすい肌の人にとっては、できるだけ肌に優しいといわれる脱毛サロンでの脱毛が向いていると思います。
施術では脱毛をするだけではなく、肌がダメージをできるだけ受けないように、そしてできるだけ肌トラブルを招かないようにケアもしなから進めていってくれるので、安心して施術が受けられます。

 

心配ならまずはお試しから

肌が弱い人にとっては、脱毛サロンでの施術が本当に大丈夫なのか…心配になると思います。
やる前から心配していても仕方がないので、まずは体験やキャンペーンでの格安プランを利用してみてください。
パッチテストなども行えますから、肌に負担をかかっていないか、影響がないかなどを確かめながら処理を進めていけます。
やはり肌の状態を健やかに保つのが一番大切ですから、ぜひお試しで肌の状態に変化が起きないかどうか、挑戦してみてください。

 

肌が弱くなってしまう原因の体質とは?

肌が弱い人はムダ毛の処理も一苦労ですよね。
特に自己処理の場合はカミソリなんか絶対あてられないものです。
ここではお肌の弱くなってしまう具体的な原因についてまとめてみました。

 

金属アレルギー

いわゆる「カミソリ負け」を起こしやすいのがこのタイプです。
カミソリに使われている金属に対して肌が過敏に反応してしまうため、炎症を起こしてしまいます。
症状としては、金属に触れるとかゆみを伴うプツプツができるのが特徴です。
対策としてはとにかく肌に金属が触れないようにすること。
これに限ります。

 

アトピー

肌のバリア機能が極端に弱いため、ちょっとしたことですぐに炎症がおこってしまうのがアトピー体質の方。
また治療でステロイドを使っている場合、お肌の機能が更に低下しやすくなってしまいます。
こちらは長い年月をかけて医者で治療しなければなりません。

 

乾燥肌

この乾燥肌は疾患ではなく、どちらかといえば体質の問題ですが、実は生活習慣などで乾燥肌が悪化してしまっている場合もあります。
食生活の乱れや無理なダイエット、、睡眠不足、また飲酒習慣がついてしまっている人も乾燥肌を悪化させる大きな原因です。
また、ストレスが原因でなる乾燥肌もあります。
乾燥肌の人は水分と油分、ビタミンをしっかりとってバランスの良い食生活を心がけ、クリームなどでの保湿に努めるようにしましょう。

 

花粉症

花粉症といっても春頃から現れるスギやヒノキ、秋になるころから現れるブタクサなどなど、原因は様々です。
症状としてはくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが有名ですが、花粉症が原因の皮膚炎もあります。
いわゆるアレルギー性皮膚炎ですね。
対策としてはなるべくアレルゲンとなっているものとの接触を避けるようにすること。

外から帰ってきたらまずお風呂に入って着替えるようにする

屋外に干した洗濯物は花粉を落とすようによくはたいてからたたむ

上記のような対策をとるだけでも症状が和らぎますよ。

 

肌が弱い方の体質には先天的なものもあり、なかなか対策は難しいものもありますが、中にはちょっと気を付けることで改善されることも。
全体的に言えることですが、常に生活環境を清潔な状態にしておき保湿をしっかり行うこと。
また栄養バランスの良い食事を心がけるだけでも、だいぶ症状が楽になる場合もあります。