脱毛サロン口コミ人気ランキング第一位はここ!
脱毛クリニック口コミ人気ランキング第一位はここ!
7つの脱毛サロンの全身脱毛料金徹底比較表!
4つのサロン・4つの医療脱毛クリニックのVIO脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・クリニックの両脇脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニック顔脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひじ下脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひざ下脱毛料金徹底比較表!

脱毛でアレルギー症状が出ることってあるの?

脱毛でアレルギー症状は出る?

アレルギー疾患のある人は、脱毛サロンに行って、脱毛を受けることに抵抗があるかと思います。
脱毛を受けてアレルギー症状が出てしまうこともあるのか疑問に思ってしま人もいるかと思いますが、これは人によって異なります。
アレルギーというのは、決まったものではなく、アレルギー反応や、それによって出てくる症状は、人によって大きく違っていて、同じ人でも、体調などで随分と変わってきます。

 

アレルギーによって光脱毛を受けた方がいい場合と悪い場合がある

例えば、金属アレルギーの人は、カミソリを使って自分で脱毛を行うと、アレルギーが出てしまうこともあるので、危険といえます。
なので、自分で脱毛を行うよりも脱毛サロンで光脱毛を受けた方がいいのですが、日光へのアレルギーがある人は、反対に光脱毛を受けることで、アレルギー反応が起きてしまうこともあります。

 

日光過敏症の人は、ちょっとした強い日差しを受けるだけで、顔が腫れて赤くなってしまうこともあるので、強い光を直接、皮膚に当てる光脱毛は、トラブルを起こしてしまう可能性があるので、気を付けなければなりません。
光脱毛よりも強いレーザーを使用する医療レーザー脱毛は、光脱毛以上に受けないようにした方がいいのは間違いありません。

 

ただ、そうした問題が起こるかもしれないリスクを理解したうえで、光脱毛やレーザー脱毛を受けたいという方は、施術を受ける前に必ず相談をするようにしましょう。

 

クリニック、サロンでのアレルギーへの対応

アレルギー体質の人については、脱毛サロンのエステティシャン、クリニックの医師共に、しっかりとした対応をするようにして、日頃から注意をしています。

 

中には、アレルギー体質の人であっても、アレルギー症状が出ないように施術を行うことが可能なサロンもあります。
これは、エステティシャンが光の強さを上手く調節して行うのですが、技術研修などをしっかりと行っているサロンではこうしたこともできます。
アレルギーを持っていらっしゃる方は、こうしたことも踏まえて安心して利用できるサロンをあらかじめ選んでいくことをおすすめします。

 

アレルギーの症状が出てしまった場合

脱毛の施術を受けて、アレルギーの症状が出てしまった際には、すぐに医師に診てもらわなければなりません。

 

また、アレルギー反応について不安がある人や、アレルギー疾患を持つ人は、医療機関と連携しているサロンを選ぶといいようです。
こうしたサロンでは、何かあった際にはすぐに医師に相談し、診察を受けることができます。

 

アレルギーは様々、脱毛する上で気をつけておくべきことは?

もはや現代病として、かかっている方も多いアレルギー。
ここでは代表的なアレルギーの種類と、脱毛をする際に気を付けておくべきことをまとめてみました。

 

アレルギーの種類

花粉症(花粉アレルギー)

スギ、ヒノキ、ハンノキ、イネ科の植物、ブタクサ、ヨモギ、テンサイ、桃、りんご、除虫菊などがアレルゲンの対象として有名です。
目や鼻の粘膜に張り付きやすく、結膜炎や鼻炎の症状が出ます。
顔脱毛を行う際に、鼻水などで肌が荒れている場合には脱毛の施術が受けられないことがあります。

 

ハウスダスト(ダニ)

「ヤケヒョウヒダニ」と「コナヒョウヒダニ」などといったチリダニが有名ですが、他にも30種類ほどアレルゲンとなるダニがいます。
症状としてはアレルギー性鼻炎や気管支喘息、アトピー性皮膚炎などを引き起こします。
こちらも皮膚炎の症状が出ていたり喘息の発作が起きている際には、サロン等に相談し施術を控えましょう。

 

カビ

「カンジダ」「アスペルギルス」「ペニシリウム」「アルテルナリア」「クラドスポリウム」などの種類があり、ぜんそくやアレルギー鼻炎を引き起こします。

 

ペットアレルギー

ペットの毛や垢、唾液、糞、オシッコ、毛、小鳥の羽毛などがアレルギーの原因になります。
ぜんそくや鼻炎、アトピー性皮膚炎の原因になります。
普段から気をつけておけるアレルギーではありますが、脱毛の施術の日には外出先などでアレルギー症状が出ないよう気をつけたいものです。

 

食物アレルギー

こちらは卵やそば、甲殻類などが有名ですね。
ぜんそくやひどいじんましん、ひどい場合は全身性ショック状態を招くアナフィラキーショックも起こすこともあります。

 

金属アレルギー

前項でも紹介した「金属アレルギー」の原因になるのは、ニッケル・コバルト・クロムなどが有名です。
金属が触れると肌に皮膚炎をおこします。

 

日光アレルギー

こちらも前項で紹介した「日光過敏症」にあたります。
別名は紫外線アレルギーと言い、日光を浴びると皮膚にトラブルが起きるのが特徴です。

 

脱毛を受ける際にあらかじめ注意した方が良いこととは?

基本的にアレルギーの人でもサロンでの脱毛を受けることができます。
ただし、皮膚がアレルギー反応で炎症を起こしている場合は施術が受けられないことがあるので注意しましょう。
お肌以外でも、アレルギー反応が出ていて体調がよくない際の施術は避けた方が良さそうですので、

  • 施術の前後はアレルゲンにいつもより更に気をつける
  • なるべく無理をせず、体調を整える

上記のような状態で脱毛にのぞむのが良いのではないでしょうか。