脱毛サロン口コミ人気ランキング第一位はここ!
脱毛クリニック口コミ人気ランキング第一位はここ!
7つの脱毛サロンの全身脱毛料金徹底比較表!
4つのサロン・4つの医療脱毛クリニックのVIO脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・クリニックの両脇脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニック顔脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひじ下脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひざ下脱毛料金徹底比較表!

脱毛サロンに行く前に、気をつけるべき4つのポイント!

脱毛エステでの処理は、脱毛の中で痛みが一番少ない方法ではないか…といわれています。
自分で行うムダ毛処理よりも、刺激も少ないですし痛みも少ないのです。
だったらエステで脱毛をしたいと思うでしょう。

 

刺激が少なくて痛みもないとなると、肌に対してほとんどダメージが起きていないような気がしますが、
実はそういうわけではありません。
脱毛というのはどんな方法をとったとしても、肌にダメージは起こってしまうのです。
また、エステでの脱毛は自分の体調や状態によっては施術ができないこともあります。
それぐらい、エステの脱毛も体に負担がかかるというわけです。

 

脱毛サロンでの処理をする前に気をつけておくべきこともありますので、
きちんと気をつけておくべきことを守り、エステに行く準備を整えておきたいものです。

 

日焼けはしないようにする

日焼けしない

エステでの脱毛をしている最中に、日焼けは絶対にNGです。

一度始めると継続で何回か通う必要がありますから、エステサロンでの脱毛中は日焼けには気をつけてください。
なぜかというと、日焼け肌には施術ができないからです。
光脱毛という方法をエステサロンでは行いますが、仕組みとしてはその光がムダ毛のメラニン色素に働きかけて毛根にダメージを与える…というものです。
日焼けをするとムダ毛以外のところにもメラニン色素が現れてしまうため、光を照射すると、ムダ毛ではないところにまで光が当たって肌にダメージを与えすぎてしまうのです。
またその他のメラニン色素にも働かなくてはならないので、光が分散をしてしまって、肝心のムダ毛のメラニン色素に当たる光が減るため、効果も減ってしまいます。

もし日焼けしてしまったらどうすれば良い?

スタッフに直ぐ相談しましょう!

日焼けにも度合いがあります。
日焼けの度合いや面積と脱毛箇所を兼ね合わせて
その日の照射を避けて別日にすれば良いのか?しばらく施術をストップしなければならない程度の日焼けなのか?
上記を、実際の肌状態を見せながらスタッフさんと相談するのが一番良いですね。
うっかり焼けてしまった場合は、コースの中止も含めての相談になる可能性もありますので気をつけて下さい。

 

 

生理付近は避ける

生理付近を避ける

女性にとって、生理というのは体に大きな変化が起こるときです。

その前後に光脱毛をするというのは、その変化が起こっている体に対して更に変化を与えることになります。
特に生理前後のお肌は敏感になっているところですから、そこに光を照射してしまうと肌荒れも起こしやすくなります。
確かに光脱毛は肌に優しいのですが、それでも生理前後は些細なダメージでも大きく影響を受けやすいので、できるだけ避けておきましょう。

 

薬や飲酒には注意

飲酒・薬に気をつける

エステサロンでの脱毛はあらかじめ毛周期に合わせて日にちを決めているはずなので、前日はアルコールの摂取や薬の摂取は避けたほうがいいでしょう。

アルコールを飲むと体温が上がりますが、体温が上がることで光を照射すると肌トラブルが起きやすくなります。
薬の場合も、施術中に思いがけない副作用が起きることもありますから、できるだけ服用は避けたほうがいいと思います。
サロンによって、そして当日のその人の体調や状態によっては施術ができない場合もありますから、気をつけてください。

 

シェービングをして準備

エステサロンでの脱毛の前には、必ずシェービングをしていかなくてはなりません。
脱毛の施術をしてもらうのだから、そのままムダ毛が残ったままでもいいのでは?と思うのですが、実はそうではありません。
エステサロンでの脱毛はムダ毛が伸びているままでは光を照射することができないのです。
ムダ毛が伸びていると余計に光を照射してしまうからです。きちんと前日に処理をしておくようにしましょう。

 

サロンによっては伸びていれば処理をしてから施術をしてくれるところもありますが、逆にムダ毛が伸びているとその日は施術ができませんと断られることもあります。
前日に処理をしておけば間違いなく大丈夫だと思いますので、エステサロンでの施術前日には自己処理をすることを忘れないでください。

 

施術前のシェービングはなにでするべき?

電気シェーバーなどが良さそうです。

最近ではサロンでシェービングサービスがついているところもありますが、基本的には自己処理でシェービングしておくもの。
できれば電動シェーバーやせっけん付きのカミソリなど、肌の負担を軽減してくれるタイプのものを使いましょう。
肌を傷つけてしまうと、施術が受けられなくなることもあるので要注意です。
シェービング後には、ムダ毛が残っていないかきっちりチェックする事も大切です。

 

こんな場合はどうすれば良い?なんだか体調が悪い…

熱があるなど体調の悪い時の照射は、体調不良を促進させてしまう可能性があるので受けられません。
特にのある場合は、赤みや腫れの原因となるのでその日のお手入れは断念せざるを得ないですね。
体調をしっかり管理して、万が一体調が悪そうなときはちゃんとスタッフに断りを入れましょう。
施術当日に具合が悪くなってしまった場合も、サロンでしっかり現状をスタッフさんに相談するのが良いですね。
また、体調を崩しがちな方は、あらかじめカウンセリングなどの段階でその旨を相談に乗ってもらい予約方法などを考えるのが良さそうです。