脱毛サロン口コミ人気ランキング第一位はここ!
脱毛クリニック口コミ人気ランキング第一位はここ!
7つの脱毛サロンの全身脱毛料金徹底比較表!
4つのサロン・4つの医療脱毛クリニックのVIO脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・クリニックの両脇脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニック顔脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひじ下脱毛料金徹底比較表!
5つの脱毛サロン・医療脱毛クリニックのひざ下脱毛料金徹底比較表!

敏感肌さんにも!脱毛後の保湿方法やケアクリームをご紹介

最近では、敏感肌の人でも脱毛サロンに多く来店するようになってきているようです。

 

そもそも、脱毛をする際に自分で行うと、間違った処理によって肌を痛めてしまうこともあります。
そこで人気になっているのが肌にあまり負担をかけないフラッシュ脱毛です。
最近ではサロンの脱毛機も進化しており、敏感肌でも問題なく脱毛が出来るようになりました。
自分で脱毛を行うよりも、しっかりとしたプロに脱毛を行ってもらった方が、安心して脱毛ができます。

 

ただ、特に敏感肌さんが気になるのが、脱毛後の保湿ケアではないでしょうか?
このページでは、脱毛後の肌のケアや保湿方法、おすすめの保湿クリームなどを紹介していきます。

脱毛後の肌の状態

脱毛の施術を受けた後、肌は低温火傷を起こしている状態に近く、毛根部分は熱を持ったままであるので、肌は乾燥してしまいます。

 

このように肌が乾燥したままの状態でいると、次の施術の際にも大きく痛みを感じるようになってしまったり、脱毛を受けても、しっかりとした脱毛効果が得られなくなってしまったりします。

 

なので、肌の弱い人は脱毛後にサロンでアフターケアを受けていたとしても、その後に自身で行う保湿ケアは、欠かせないものになります。

 

肌の保湿ケア方法について

さて、脱毛をしている際には、いつも以上に保湿が重要になるのですが、肌の保湿方法について見ていきたいと思います。

 

効果の高い保湿ケアは、お風呂場で行う保湿ケアです。
よく言われるのが、お風呂あがりに保湿クリームを塗るというもので、これによって保湿ケアができます。

 

しかし、実際にお風呂から上がってからすぐ保湿クリームを塗るだけでも、刻一刻と肌の乾燥が進むため、お風呂から出る前に、お風呂場で保湿ケアをするのがおすすめです。

 

浴槽から出て体を拭いて、そのまま行うのですが、お風呂上りということで肌に水分がありますし、浴室の湿気も多く、クリームを塗る際にも、非常に伸びが良く、塗りやすくなっています。
そのため、しっかりとした保湿ケアが可能になります。

 

加えて、お風呂上り後のケアもしっかりと行うようにしたいものです。
浴室でしっかりと保湿をしていれば、普段行うケアもそれほど時間がかからずに行うことができます。

 

パッティングと保湿クリームの塗り方

美容液はパッティングで肌になじませましょう。
美容液をしっかりとコットンに染み込ませてから、肌に乗せてパッティングしていきます。
コットンでなでるのではなく、あくまでポンポンとパッティングしましょう。
コットンが無ければ、手のひらでも問題ありません。
顔、腕、足に行うことで、水分が十分に乗った肌にすることができます。
特に脱毛をした部位は、入念に行いましょう。
そして、その後、水分蒸発を防ぐ為にも保湿クリームをしっかりとして肌の保湿を保ちます。

 

クリームを塗る際には、押さえるようにして塗ります。
こするように塗る人もいますが、肌は非常に繊細で刺激に弱くなっています。

 

コットンで軽くなでるだけでも肌は傷つくともいわれているので、手のひらを使って、包み込みように保湿していきます。

 

保湿ケア成分は敏感肌の人が最も重視する点

敏感肌は、外から加わる刺激に弱くなっている状態です。
これは、元々あるバリア機能が機能していないから起こるのですが、肌の水分量が少ないために、角質層が乱れてしまっていることが原因です。

 

なので、バリア機能を蘇らせる為にも角質層に水分をしっかりと与えます。
それには、ケア用品としてバリア機能を強化させるセラミド、水分保持効果のあるヒアルロン酸、加えてコラーゲンなどが多く入ったケア用品を使用していくと、非常に効果があります。

 

敏感肌の方におすすめ!保湿ケアに最適なクリームとは?

脱毛に通っている人にとって、毎日のお肌の保湿ケアは必要不可欠。
お肌のトラブルを回避するのはもちろん、肌をしっかり保湿しておくことにより脱毛効果が上がるので、必ずしておきたいところです。
ここからは、お肌を保湿する商品を選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介します。

 

基本は普段使っている自分のお肌に合ったものを

脱毛したから保湿しなくちゃ、と特別なものを購入して肌に合わずにトラブルになってしまった・・・なんてこと、ありますよね。
それを回避する一番いい方法は「普段から自分の使っている肌にあったもの」を使用することです。
ただ、例外的に
「自分が普段使っていたものでも脱毛後の敏感なお肌には合わなかった…」
なんて場合もあるので、その時は下記の方法を参考にして保湿ケアをしてみてください。

 

乾燥肌用の化粧水や乳液を選ぶ

先ほどお伝えしたように、脱毛後の肌は熱を持っているため、乾燥しやすくなっています。
ですので、肌の乾燥が気になるようでしたら、まず乾燥肌用の化粧水+乳液を選ぶのがおすすめです。
値段の張るものでなくてもいいので、普段は顔につけるような化粧水や乳液がいいでしょう。

 

また、脱毛後の乾燥したお肌は水分と油分、どちらも足りなくなっているので、できれば化粧水と乳液の両方でケアする方法がおすすめです。
普段はあまり気を遣っていない部位でも、化粧水などで保湿をするようにしていくと自分の肌の水分状態がよくなっていくのがわかります。
綺麗に脱毛したい箇所、乾燥が気になる箇所は、顔と同じようにしっかりと保湿していくことをおすすめします。

 

低刺激の身体用クリームを選ぶ

化粧水と乳液、ダブルで買うのに価格的にちょっと抵抗のある方は、体用の保湿クリームを付けるだけでもずいぶんと違ってきます。
おすすめは、低刺激で弱酸性の敏感肌用の保湿クリームです。
また、水分を引き出してくれる尿素の入ったクリームもお肌が潤うので脱毛後の保湿にぴったりです。
尿素はかたくなってしまった角質を柔らかくする効能も持っています。
出来れば硬めのクリームではなく、肌触りが滑らかで柔らかいテクスチャーのクリームを使うのが良いでしょう。

 

余裕があれば使いたい「セラミド入り」

セラミドとは、肌の表面に働きかけてバリア機能を強くしてくれる成分。
お肌を外部の刺激から守る働き、内部の水分や油分を逃がさないようにしてくれる働きがあります。
セラミド入りの化粧品はちょっと値が張りますが、美しい肌を手に入れたい!と思うのならここは思い切ってヒト型セラミド入りのクリームを試してみるのがいいでしょう。

まずはパッチテストをしましょう!

乾燥しやすい箇所に塗ってどんなクリームか確かめましょう。

手の甲は皮膚が綺麗な状態であることが多いので、甲以外の部分にテスターを塗ってみるのがおすすめです。
ドラッグストアなどの店頭で商品を選ぶ際には、乾燥しがちな指の先や手首と肘のあいだに塗ってみましょう。

 

脱毛後におすすめの保湿クリーム!

さいごに、脱毛後の保湿だけでなく、肌の黒ずみに悩んでいる方にもおすすめのLusTer(ラスター)という薬用美白クリームをご紹介します。
特にひざ下の黒ずみ、色素沈着、乾燥に特化して作られたクリームですが無添加でお肌に優しいので、全身に使用することが可能です。

 

ラスター

 

メラニンの発生を抑える成分や、色素沈着を防止してくれる成分、そしてセラミドをナノ化し、角質層までしっかり浸透してくれます。

 

下記の成分は、無添加となっており、低刺激で敏感肌の方にもおすすめです。

  • 合成香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤
  • エタノール
  • タール系色素

 

定期コースなら、ローズクォーツで作られたかっさプレートをプレゼントしてくれます!
30日間返金保証もあるので、まずは試してみて下さいね。

 

>LusTer(ラスター)公式サイトはこちら!

 

さいごに〜普段から保湿ケアを行うのが重要〜

保湿ケアというのは、普段からしっかりと行うもので、脱毛を行う時だけに行うものではありません。
毎日、保湿ケアを行うことで、肌の状態を向上させ、受けるダメ―ジを少なくすることができます。
脱毛後の保湿ケアはもちろんのこと、日頃のケアを毎日行っていくというのが、重要なポイントですよ。